ティッシュで拭いたのでしょうね

2年の幼児が水を呑みたがったのでコップに入れて引き取りました。

わたくしは夕飯の準備をしていたのですが、4年幼児が「○○さんが水こぼしたー!」というので見に行くってカーペットが濡れていて、その上にびちょびちょのティッシュのグループが置いてありました。

どうしてこんなところにティッシュがあるのか一瞬わからなかったのですが、もしや幼児が自分で水を拭こうとしたのではないかと思いました。

幼児に「自分でお水拭こうとしたの?」って尋ねたらコクンってうなずきました。

2年なりにしまった!いよいよしなきゃ!としてティッシュで拭いたのでしょうね。

まぁ、ティッシュ1枚ほどじゃ取り去りきれない容量の水でしたが、一所懸命拭いてる幼児の出で立ちを思い浮かべるといったいじらしくてかわいらしくて母乳がきゅーんとなりました。

下の子だから水こぼしても「自分で拭こうとするなんて良い♪」という剰余がありますが、これが上の子2年のときだったら「ティッシュで拭いたって拭きとれないでしょ!」という怒っていたかもしれませんね。

養育するにはどうしても剰余が必要ですね。

剰余があれば息子の失敗もおおらかな気持ちで受け止められますが、窮屈といった思わずイライラして小さなことでも怒ってしまう。
大分で脱毛を予約するならこちらから!