アイドリングときの

暑い夏場がやってきました。個々同様に端末も暑さやり方が必要ですね。

俺は年齢に数回デスクスタート端末の室内洗浄をしています。

端末の最大の仇敵は高温だ。更にCPU空調はホコリで停滞すると高温エキサイトの原因となりますから洗浄は必須です。

さて私の洗浄切り口ですが、マザーボードからCPU空調を外し、エアダスターでホコリを取り除きます。

俺は吸気口には換気扇用のフィルターを張り付けてあるため、ホコリは穏やかだ。目詰まりしてから洗浄するのでは遅いので、これでグッドタイミングだとしています。

次にマザーボード・電源追っかけ、吸気・排気追っかけ、事態内部のホコリもエアダスターで吹き払います。ホコリ自体が熱を帯びるので余計な不衛生はよく排除したいところです。

さて、洗浄が終わったら、外したものをちゃんと押し付けます。CPU空調にはグリスを塗って置きます。

古めかしいグリスを綺麗に取り除いてからつけるのが重要ですね。思い切り薄塗りが基本と言いますが、俺はあんまり気にせず塗っています。

コネクタの挿し込みが浅かったり、抜けた通りフォローを閉じたりすることがたまにありますので、丁寧にチェックをします。

過去にCPU空調の据置不良でOSスタート中に電源が落ちる経験をした事があります。空調が浮いていたのですね。ここも要調べな仕事場だ。

内部の調べが終わったら電源を入れて崩れの有無を確認します。無事に端末がスタートしたら内部の気温をチェックします。

俺は「HWMonitor」というフリーソフトにおいています。こういう柔和、CPUや内部の気温はもちろん、追っかけの循環頭数や各所の電圧までモニタリングが出来る優れものです。

アイドリングときのCPU本体気温が40℃未満というのが私の進度だ。空調多め5℃幅を目指す個人もいるようですがそこまでは勧めません。

集計に崩れが無ければプロセスフィニッシュ。プロセスターム半を目安に終わらせています。

軽装見えない端末室内、定期的に清掃して安心して払えるようにクリーンなクラスを保っています。
出会い系を北海道使うならアプリをチェック