この人ニューハーフ?

ある日の東海道新幹線上り、16期間席のタバコ電車。私の周りには、来訪帰りっておぼしきスーツ姿の男性がほとんどでした。

私はその中に混ざって、缶ビールを呑みながら勤めの資料に目を通していました。すると、道を通りかかった3年齢くらいのお嬢さんがこちらを指差して、『お父さん~!この人ニューハーフ?』と言い放ったんです。

些か驚きながら「必ず女らしくはない近道に、ズボンに、タバコにビール…チビッ人には男子っぽく感じるんだね?

それが一切ニューハーフか。あはは~望ましいもんね!」 なんて思いながら、目の前のお父さんに軽々しく挨拶を通してみたら、そのお父さんってば誠に失礼なことに、片手で長女の口を閉ざし、とうに一方の手法は人差し指を唇にあてて『シーッ!』ですって!

おまけに私はまぶたを合わせようともせず、長女を握り締め上げてソソクサといった止めるように去って行ったんです。

えぇーッ?!そこは『何言ってんの、お姉ちゃんだろ?…どうもゴメンナサイでした。』 じゃないの?! それに、もしもかりに私がホントにニューハーフだったとしても、お父さんのその愛想は絶対に異なると思います!

わが人が第三者様に失礼なことを言ったり、何かしてしまったといった判断しながら、お詫びもせずにただ止めるは何事だ?!

ほぼあの人は、あの後理由も解らずにお父さんに叱られて、心にちょっとした傷を記したに違いないんだわ、あぁ…しがない。
川越で脱毛を予約するならこちらから!